画像

ローワン

ローワン

ガルシアへの手紙の届け方

著者名
アンドリュー・S・ローワン
監修など
ハイブロー武蔵(訳・解説)
ジャンル
ビジネス自己啓発
発行年月
2001年11月
サイズ
B6判
頁数
126P
ISBN
4-89346-729-8
税込価格
905円(本体 838円)

注文数

>オンラインショップでも商品を購入する事が出来ます。

在庫状況:×  ただいま在庫がなく、一時的に注文を受け付けられません。

内容紹介

読み継がれるべき真の勇者の物語

世界的大ベストセラー『ガルシアへの手紙』で称えられた、ローワン自身による手記。

かつて、アメリカとスペインがキューバをめぐって戦争をした時、アメリカ大統領マッキンレーは、戦争に勝利するため、キューバの反スペイン勢力のリーダー、ガルシア将軍と手を組む必要があった。

それには、スペイン軍の目をくぐり抜け、キューバのどこかにいるはずのガルシア将軍を見つけ出し援助を取りつけるという困難を極める任務を誰かがやらなければならない。

それを見事やり遂げ、アメリカ-スペイン戦争のヒーローと称えられた人物、それがこの物語の主人公であり、著者であるローワンだ。

この物語を読めば、真に夢を果たすために必要なことがきっとわかる!

目次

ローワン(アンドリュー・S・ローワン)

 -HOW I CARRIED THE MESSAGE TO GARCIA-

解説 (ハイブロー武蔵)

 1 はじめに

 2 英雄の条件

 3 世の中が求めている人物の条件

 4 おわりに

著者紹介

【著者】

アンドリュー・S・ローワン(Andrew S. Rowan)

1857-1943:アメリカの軍人。1889年のアメリカ-スペイン戦争の英雄。エルバート・ハバードの書いたエッセイ“A MESSAGE TO GARCIA”(邦題『ガルシアへの手紙』)で、その偉業が一躍世界中から脚光を浴び、その手記である“HOW I CARRIED THE MESSAGE TO GARCIA”を執筆した。

【訳・解説者】

ハイブロー武蔵(はいぶろーむさし)

1954年、福岡県生まれ。早稲田大学法学部卒業。

海外ビジネスに携わった後、数社の会社を経営し、現在、ビジネスエッセイストとしても活躍中。

読書論、人生論、人間関係論、成功法則などを主なテーマにしている。

著書に『希望の星の光を見失うな!』『本を読む人はなぜ人間的に成長するのか』『読書力』『通勤大学 図解・速習 孫子の兵法』『生きる力が身につく論語 三六五話』(いずれも総合法令出版)、『あなたの一番大切な夢が実現する本』(三笠書房)、『ツキを絶対につかむ行動法則42』『自分を磨く読書術』(大和書房)など多数ある。

著者ホームページ

編集者より

派手な物語ではないけれど、たんたんと使命を果たしていくローワンの姿は、夢や希望を追い求めてやまない人々にも、夢や希望がまだ見えてこない人にも、きっと勇気をくれます。

ぜひ、読んでみてください。

その他

◆オーディオブック発売中!◆



※オーディオブック専門サイト FeBe(オトバンク社運営)サイトへ

時間:1時間45分39秒

容量:96.7MB

価格:880円(税込)

ページの先頭へ戻る